要らない着物は着物買取してもらおう

昔の人は、洋服を着なかったってことが、まるで信じられない程に、今時は、若い人たちを中心に洋服が主体の世の中になってしまいました。なって来ていると言う現在進行形ではなく、完全に着物は日常着ではなく、非日常的な特別で格別なオシャレ着へと変化を遂げてしまっています。着物にもランクがあって、留袖や訪問着など、セレモニーへも着て行く事が出来る礼服レベルのお着物もあれば、紡ぎなどだと普段使いの日常着として着物を楽しむ事が出来ます。もっと今時の若い人たちに、廃れつつある着物文化へのムーブメントを呼び起こしたいし、祖父母やそのまたおばあちゃんなどご先祖様の着ていた着物が眠っているのだとしたら、必要としているどこかの誰かにそれを着物買取などして世の中へリリースして、使って貰うべきだと感じます。宝の持ち腐れではないけれど、そのままタンスに眠らせておくのであれば、求めている人へ行き渡る様、着物買取して貰った方が、日本の文化の継承へも繋がって来るでしょう。